山川 賀壽雄 (やまかわ かずお)  日本画・山川式文字彫刻 鳥取県鳥取市

お問い合わせはお気軽にどうぞ 〒680-1444 鳥取県鳥取市松原111-1
Tel.0857-54-0678




山川賀壽雄(やまかわかずお)のホームページへようこそ!
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

新着News 

2017年4月4日

嬉しい連絡をいただきました。

先日WAC経由、日光東照宮の国宝「陽明門」の平成大修理竣工を記念し、本年より社会貢献事業に取り組むとのこと。そのひとつとして作品の奉納していただきたいとのれんらくをいただきました。奉納作品は、日光市等の行政機関が管轄する…続きを読む

2017年3月29日

今日は素晴らしい一日でした

今日は仏師の矢山氏のアトリエを、山川塾の塾生9人と訪問させていただきました。素晴らしい作品(仏像、根付、面)を拝見させていただきました。感動でした。作品に取り組む姿勢に、教えられるところがたくさんあり、気持ちのいい時間を…続きを読む

ありがとうございました

山川塾、塾生作品発表会にお運びいただき、御清覧頂きましてありがとうございました。いかが御心に移りましたでしょうか?これからもより上をめざし作品と取り組んでまいります。又皆様に見ていただけることほ願い御礼にかえさせていただ…続きを読む

2017年3月18日

いよいい始まります

本日、。山川方式「賀壽翁彫り」第10回展の会場の準備が終わり、いよいよ明日19日10時より開催です。良く10年も続いたものです。   1回展から9回展まで見に来てくださった方、また出品し続けてくださった塾生、A…続きを読む

2017年2月23日

山川塾「第10回塾生作品展」開催

山川賀壽雄が塾長を務める、 山川方式「賀壽翁彫り」山川塾 にて、節目となる10回目の塾生作品展を開催します。 近隣へお越しの際は是非お立ち寄り下さい。 期間 :2017年3月19日(日)~3月27日(月) 時間 :午前9…続きを読む

世界17カ国で賞賛 国際作家 山川賀壽雄

山川賀壽雄の絵画とは?
山川賀壽雄の絵画とは?

いつも見慣れた景色は、四季が変われば、太陽、月、山、風、音、鳥のさえずり、空気までも”新たな彩”として美しさを持っています。
山川賀壽雄は、感動した景色、対象物、心魂をただシンプルにキャンパスに描きます。
自然が発する、迫力、雄大さ、幻想感や人間の持つ優しさ、厳しさ、怖さをただ、実直に「実在する心象の世界へ」と表現した作品となっています。
【10号:1枚 1,350,000円〜(2012年現在)】

山川式彫刻とは?
山川式彫刻とは?

輪郭彫りで使用する角ノミ、丸ノミ、木槌等の作業技術は、その習得に通常数年を要するといわれています。
しかし、「山川方式」ではこれらの技術とほぼ同様の作業を初心者でも比較的簡単に行うことができます。
一般の方でも高度な木彫り彫刻を気軽にお楽しみいただけます。「山川方式」で制作する『賀壽翁彫り』は、随時体験教室を実施中です。

「賀壽雄流」芸術塾とは?
「賀壽雄流」芸術塾とは?

山川賀壽雄は現在、芸術の伝承と後継者育成に力を注いでいます。
鳥取県内では、廃校した中学校で芸術塾を開催。
地域への感謝を込めて豊かな感性を育む地域教育に取り組んでいます。
また、NPO法人「創造の樹」を創設し、社会貢献活動の一環として「賀壽翁彫り」の技術普及と指導者の育成に専心しています。
さらにその活動は国内のみならず、海外ではタイ国立シラパコーン大学客員教授として芸術の素晴らしさを伝える機会も得ています。
山川賀壽雄は、幼少時に夢見た「最高峰の芸術」を学びたいという想いを、今「教える側」から鋭意実践しています。

超一流が賛辞を贈る「賀壽雄の世界」

岡村善行
「北斗の拳」原作者 武論尊 岡村 善行 氏

山川氏は、普段は石橋を叩いてなお引き返すようなタイプで、何事も慎重である。
しかし、己の道すなわちアートに対しては叩かないで突き進み、本能の赴くまま行く。
それは己との戦いである。アートは臆病者の開き直りの極地であるから、常に怯えて描き続けることとなる。孤独な作業の中で己と戦い、それを乗り越えてゆくことで己以上のものとなるのである。
山川氏は、そのようなアートを実践する数少ない作家の一人であると確信している。

北尾哲
動物メディカルセンター 総病院長 獣医学博士 北尾 哲 氏

山川氏の絵画は、内からにじみ出てくるような静寂感と夢幻の雰囲気が漂っている。
繊細なタッチで自然の形象を叙情性豊かに表現し、その世界はシンプルでありながら、豊穣である。おそらく山川氏は自然そのものを芸術であると見ているのであろう。
大自然の景観をきわめて真摯に作品に引き入れている。まるで自然が内に秘めている原理を一枚の絵に集約しているかのようだ。
静けさの中にみなぎるその存在感は、まさに圧巻である。

王貞治
福岡ソフトバンクホークス株式会社 取締役会長 王 貞治 氏

先生が編み出された山川式彫刻”賀壽翁彫り”の後継者を育成するとともに、ハンディキャップを持った方の自立支援のための活動を始められたとお聞きしました。
先生の絵画や彫刻には、心で感じたものがシンプルですが、本物以上と言っていいほど美しく表現されています。それが伝承され、且つ広められていくことは素晴らしく、山川ワールドのファンの一人としても嬉しい限りです。
多くの皆さんのご賛同を私からもお願いいたします。

Page Top